うまるメモ

ポケモン

S4期使用構築 カバドリ偽装対面

 

f:id:yutoriumZ:20170723104554p:plain

【はじめに】

 こんにちは、ゆとりです。第一回目の初投稿になります。今までこういう記事を書いたことはありませんでしたが、S4中にある程度手ごたえのある構築が自分で組めたので強者もすなる構築記事を…というわけで書いてみました。早速構築内容の紹介に入ります。以下常体。

【構想と概要】

 S3で1位のふゆのポケさんの構築を拝見し、サイクルに対するメガガルーラミミッキュの対面崩しに魅力を感じてその2体+αを基本選出とする構築を考え始めた。

 まず元記事では+αの部分は水(襷アシレーヌorチョッキスイクン)だったがこれと近い役割を持たせられるポケモンが他にいないか考察した。要素として対面性能はもちろん崩し性能、基本選出で無理なポケモンや並びをできるだけ少なくすることを重視したが、難航した(襷アシレの偉さを実感した)。氷技のないガルーラ+ミミッキュが地面タイプの処理に手間取ることから地面を誘って倒せるシュカコケコを採用するつもりでいたところ、ittknさんからデンジュモクという案を頂いた。持ち物は襷とシュカを何度か持ち替えたが(後述)最終的には襷に落ち着いた。この襷デンジュモクメガガルーラとゴーストZミミッキュを加えた3匹を基本選出として裏を組み始めた。

 まず裏メガとして、ガルーラを出したくないルカリオ入りやバシャーモ入りに対して出せるボーマンダを採用した。マンダが止まる耐久(テッカグヤポリゴン2)は一応ガルーラで崩せるため補完はできているのだが、当然同時選出が出来ないため選出択になることが多く辛かった。ファイアロー蘇れ蘇れ…

 次に電気の一貫を切り、マンダの積みをサポートするためにカバルドンを採用した。カバマンダの展開は初めて使ったがシンプルながら非常に強力で、対策の薄いパーティーの多い1500~1700のレート帯では最高のイージーウィン要素であった。

 最後に、テテフを通されて負けることが多そうに思ったので鋼枠の必要を感じ、ドリュウズを採用した。テテフへの受け出しに不安があり、鋼枠としての遂行が怪しいため最初はギルガルドを考えたのだが、それでもドリュウズを採用したのはカバドリという並びが持つ選出誘導力の高さゆえである。7世代のカバドリはドリュウズのZ技(特に地面Z)によりカバルドン等の指数受け1体で受けることが困難であり、テッカグヤなどの特定のタイプ受けやそもそもカバの展開をさせないことを意識した水タイプを強く呼ぶ。そのような選出にはこちらの基本選出であるジュモクガルミミッキュがよく刺さる。

例:初手カプ・レヒレ、裏ランドロステッカグヤ のような選出をよくされた。カバドリマンダには非常に強い選出でありミストフィールド+ランドで(催眠Z)ジュモクのケアもできているが、こちらの襷デンジュモクランドロスにめざ氷を入れた時点で降参となる。

 

【個別解説】

   採用順に書く。

f:id:yutoriumZ:20170723132833p:plain ガルーラ@メガ石 きもったま 

   197(132)-191(228)-121(4)-×-123(20)-136(124)  いじっぱり

   すてみタックル/グロウパンチ/ほのおのパンチ/ふいうち

   ・最速70族抜き抜き

   ・C147EFZ10万乱数一発(37.5%) C182PF眼鏡サイキネ乱数一発(6.3%) 

   ・+2一致イカサマ乱数一発(6.3%)

   ・余りA これ以上削ると何かの乱数がずれるらしいが知らない

 構築の軸となるメガ。元記事よりHを削って振り分けた。主に後発でグンチ(最近グロウパンチをウンチと略す人を見たが、信じ難い)を積んで崩していく。子ダメージの弱体化、先制技の弱体化、Z技による上からのワンパンなどで圧倒的な強さはなくなったが、崩しと抜きをスムーズに行える強みは健在。崩しを行うためのグンチ、鋼に対する打点のほんち、一致最高打点の捨て身(恩返しだとテテフに対して11すら取れなかったりする)は確定だが不意は打たないことも多く、相手のマンダやギャラドスが重かったため一時期不意→がんせきふうじで使っていた。岩封は使用感がよかったが今度は相手のガルーラが重く、最速猫グンチで使ったりもしてみたが結論は出なかった。

 

f:id:yutoriumZ:20170723143047p:plain ミミッキュ@ゴーストZ 

   131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)  いじっぱり

   シャドークロー/じゃれつく/かげうち/つるぎのまい

 ガルーラで崩した後の詰め、崩し、ストッパーとやれることが多い。ガルーラとどちらから出しても鋼を崩せるようにゴーストZ。マンダやバシャーモ、ポリ2、ガルーラを考えるとフェアリーZも魅力的だったがついに試さなかった。バトンに抗うために呪いも欲しかったが切れる技がない。このポケモンの強さは周知の事実でありそれほど書くことがないが、微妙なSをしており耐久が足りていないので思い切ってSを削り耐久に回すといいかもしれない(既にそういう記事がある様子)。ただこの構築においては相手のミミッキュがやや辛いので準速以下はないかなという感じ。たまたま生まれた色理想個体を使っていたがミラーで同速勝ちしまくっていたので最強であった。

 

f:id:yutoriumZ:20170723152338p:plain デンジュモク@きあいのタスキ

   159(4)-×-92(4)-237(180)-100(68)-135(252)  ひかえめ

   10まんボルト/めざめるパワー(こおり)/くさむすび/ほたるび

   ・H16n-1

   ・最速70族抜き

   ・C147マジシャ2耐え

   ・余りC

 今はウルビ  そしてほたるビ。初手に出して11交換以上を狙う。先制技もなくSもそこまで高くないが非常に火力が高く襷が読まれないため仕事はしやすい。先述のようにカバドリの選出誘導により初手で水と対面することが多く一匹で何度も相手を全壊させた事実上のエース。技構成はメインウェポンの10万、4倍相手に打つめざ氷、カバやラグに打つ結び、耐久を崩すほたるび。このほたるびという技がとても強く、ほかの「対面性能があるだけのポケモン」との大きな差別化点になっている。ほたるびを積めば10万で大体のバナとナットが確2、H振りのみのポリ2が中乱数1。ラッキーも引き際に既に一度積んでいればもう一度積んでから押せる。持ち物はカバ対面で2回結びを打つため(HDカバは結び1発で落とせず地震+砂で襷が意味をなさない)シュカに変えた時期があったがリザYやバシャーモに何もできないのが致命的だったため襷に戻した。ガルーラ、ミミッキュ、テテフには弱いため思考停止で初手に投げることはできない。

 

f:id:yutoriumZ:20170723145727p:plain ボーマンダ@メガ石 いかく

   173(20)-211(212)-153(20)-×-111(4)-172(252)  いじっぱり

   おんがえし/じしん/りゅうのまい/みがわり

   ・準速

   ・A182岩封威嚇込みでみがわりが残る

   ・余りA

 裏メガ。サイクルを回さないためはねやすめを切って範囲を広げた。地震を切った選出をされることも多く出せたときの勝率はよかった。しかしポリ2やクレセは仕方ないにしてもカグヤに無力なのが厳しく、カグヤ入りに対して(バシャやルカリオがいても)ガルーラを出さざるを得ないことが多かったため、地震→放射でもよかったかもしれない。また最速にしていないことによってジャローダに睨みを入れられたり冷パンルカリオに負けたりしたので最速推奨。強いが止まるときは止まるポケモンなので今度はサイクルで使いたい。

 

f:id:yutoriumZ:20170723161803p:plain カバルドン@オボンのみ すなおこし

   215(252)-132-165(92)-×-113(164)-67  わんぱく

   じしん/ステルスロック/あくび/ふきとばし

   ・C182PF眼鏡サイキネ耐え C232ソラビ乱数1発(12.5%)

   ・B11n   +2A156Zじゃれつく乱数1発(18.8%)

 主にマンダとセットで出し、ステロ欠伸でマンダの全抜きを狙う。ガルーラと出すこともあるがガルーラの抜き性能が低いため弱い選出である。ドリュウズと並べることによってジュモクガルミミッキュが通る選出を誘うため出さなくても仕事をしている。当初はHD特化だったがミミッキュの剣舞妖Zで飛んだのでこの調整にした。リザYも数を減らしたし配分はこれでよかったと思う。もっとBに振りたいぐらいである。持ち物は当初はミラーや催眠ゲンガーに強く出るためにラムを持っていたが発動機会がなかったのでオボンにした。これも正解だったと思う。技構成についてはステロ欠伸吹き飛ばしは確定だが1ウェポンが悩みどころさんである。浮いている相手に打点が欲しいことが多く、勝てる相手がグッと広がる氷の牙や挑発ギャラのガン起点を防ぐ岩封等が候補になったがクチートが多かったために地震から変えられなかった。

 

f:id:yutoriumZ:20170723170111p:plain ドリュウズ@こだわりスカーフ かたやぶり

   185-184(228)-80-×-92(52)-150(228)  ようき

   じしん/アイアンヘッド/いわなだれ/つのドリル

   ・最速フェローチェ抜き抜き

   ・C200PFサイキネ乱数2発(28.9%)

   ・余りA

 見せポケ。選出画面の仕事人。ガルーラかミミッキュがどうしても出せない+クレセやポリ2がいるという状況、もしくはあまり無いが抜いていけそうな時に出す。普通にカバドリで出す択を作ろうとすなかき地面Zにしようかとも思ったがカバがさらさら岩を持っていないため砂ターンが足りず断念。型破りスカーフでの採用となった。パーティーが形になってから2回しか選出した記憶がないが、なんとドリルを合計4回撃って全部当てるという神業を見せた。役割対象のポリ2のみならずこいつで倒す必要のない一般ポケも当然のように突き殺す姿はまごうことなき悪魔。もっと選出してあげればよかったかもしれない。

 

【結果】

 オフ対戦では勝率がよくレートも1800まではすんなり行ったがそこから伸び悩み、最終日は別のを使っていた。伸び悩んだ原因は実力不足もさることながら、構築として汎用性を欠き特にマンダスタンへの明確な回答が無かったためのように思われる。ただ構築を組む際に選出誘導+初見殺しの要素を仕込むというやり方が強いのではないかと気付けたことは大きな収穫であった。

 

【最後に】

  インクを飛ばすゲームを始めようと思うのでしばらくちゃんとポケモンしないかもしれませんが、せっかくブログ作ったしいろいろ書きたいと思います。拙い記事ですがここまで読んでいただきありがとうございました。